Comment from 飯田 敦氏

第一回より関心を持ってFIBCを見ておりましたので、
この度、ようやく「answer」で登壇できたことにとても感謝しています。
できればスタートアップピッチで競ってみたかったですが、マネックス・ラボならではの、
金融業界でもイントレプレナー(社内起業家)としてチャレンジできることを示す役割は
果たせたかと思っています。益々進化するFIBCに負けないよう「answer」に励みたいと思います。

2015 answer FinPitch

click to play movie!

Detail

資産運用における「どの銘柄を買えばいいかわからない」という声に対し、ほぼ全ての国内籍公募投資信託 約 5,400 銘柄と、マネックス証券以外もカバーした販売会社と確定拠出年金 約400社を対象に、投資目標に近づける具体的な銘柄を表示することで、投資初心者から資産運用層までの投資をサポートします。先進的な金融工学モデルとデータを基とし、資産運用に必要な情報と操作をスマートフォン上で実現しています。

飯田 敦氏 マネックス証券株式会社 執行役員/マネックス・ラボ 室長

1999年慶應義塾大学大学院、理工学研究科を卒業後、ソニー株式会社に入社。ブルーレイディスクの開発や、CLIE、VAIOの商品企画を担当。2006年に現マネックスグループに入社、企画室を経て、2008年よりマネックス証券にて、新サービスの企画・開発を担当。2014年7月より執行役員マネックス・ラボ室長(現職)。担当した資産管理ツール「MONEX VISION β」が、2010年グッドデザイン賞を受賞。

『answer』
マネックス証券株式会社 / マネックス・ラボ