Beacon Platform K.K.

Beacon

Enterprise Innovation Platform in the cloud
クラウド内エンタープライズイノベーションプラットフォーム

USA

Service Description

Beacon is the first Enterprise Innovation Platform on the market with lineage in proprietary platforms built at the largest and most successful financial institutions in the world. Leveraging our experience in building and deploying these platforms, we designed Beacon to provide the right balance of rigorous controls needed in today’s regulatory environment and the flexibility needed to run a dynamic, quantitatively-focused market-making business. Unlike most vendors who offer “black boxes” that cannot be extended on demand, we give clients access to our source code so that they can respond to business needs quickly in a controlled, collaborative, and scalable platform.

Speaker

Ryo Shimizu
Head of Apps and Partnerships, Representative Director
Ryo joined Beacon in March 2017. Prior to Beacon, Ryo spent ten years at Goldman Sachs Asia where he ran the APAC Central Risk Book and led the APAC Equities One Delta Strategies team, and five years at The Mathworks, Inc. as a software engineer. Ryo leads our Tokyo team.

サービス概要

Beaconは、世界で最大かつ成功した金融機関で構築された独自プラットフォームの系列を持つ、市場で初めてのエンタープライズイノベーションプラットフォームです。これらのプラットフォームの構築と展開における当社の経験を活かして、今日の規制環境で必要とされる厳格な制御と動的で量的に重点を置いた市場形成ビジネスを実行するために必要な柔軟性のバランスを提供するようBeaconは設計されました。オンデマンドで拡張することができない「ブラックボックス」を提供するほとんどのベンダーとは異なり、クライアントはソースコードにアクセスできるため、制御されたコラボレーティブでスケーラブルなプラットフォームで迅速にビジネスニーズに対応できます。

スピーカー

Ryo Shimizu
Beacon Platform 日本法人 代表取締役
2017年3月にBeacon社へ入社。以前はてゴールドマンサックス・アジアにてAPAC Central Risk Bookの運営とAPAC Equities One Delta Strategiesチーム運営を10年間に渡り担っていた。またThe Mathworks IncにSoftware Engineerとして5年間勤務。現在はBeacon Platform社の東京チームを率いている。